水引毬飾り大全-Sphering-

◎水引毬飾りとは◎
5年に渡り、数え切れない程のパターンをやり尽くした末に辿り着いた、限られた水引の長さの中で完結する美しい毬のカタチ。


基礎水引造形力を養う
ーーーーーーーーーー
【水引毬飾り大全-Sphering-】は、この毬の作り方の解説書であることはもちろん、水引素材の本質的な扱い方を『繰り返し練習』の中で捉える為の道筋を標した普遍的教材です。

職人発水引アートクリエイターの私miconoが、もし自分の弟子やスタッフを育てるとしたら?ということを念頭におきながら、最優先で伝えたいことを詰め込み、継続したサポートの場もご用意しました。

自分の目で見て自ら考えながら水引という特殊な素材を自在に操れる力をまず身につけてもらいたい。そして世の中の水引作品全般を見る目も養ってもらいたい。それができれば結果的に、結び方や技法を一個ずつ教えるよりも効率よく、どんな結びや技法も自らの力で習得していきやすくなるからです。

実際に私も、水引の古典から常識を覆す作品まで幅広く作ってきましたが、それを支えている大本はこの基礎水引造形力です。


効果的な繰り返し練習
ーーーーーーーーーー
これを習得するには、水引という素材の一番本質的な部分を理解しなければなりません。そしてそれは、解説でわかる物ではなく、実際に手を動かし作品を完成までもっていくことの「繰り返し」でしか掴めない部分がとても大きい。

この繰り返し練習を、いかに楽しく、作りがい、探究しがいがあって、練習の成果が効率よく生きてくるもの、ということを考えると、毬飾りのようなシンプルにして奥が深いものがベストだと気づいたのです。

水引毬飾りの作り方は複雑に見えますが、実は水引結びの一番基本となる『あわじ結び』のみで構成されており、構成要素はシンプルでいてその組み合わせ方が他に類を見ない複雑さなのです。

単体のあわじ結びの練習というのはもちろん、それが集合体になった時の見方、細かな微調整や仕上げまで持っていく集中力、90cmの使い方の配分、水引を傷めずに最後まで結びあげる扱い方・・同じあわじ結びを練習するのでも、様々なことに気を使うようにできています。

ですので、数を作らないと綺麗な形にはなりませんが、球体という究極の安定した形を追い求めていく過程において、自然と総合的に技術が身についてくるようになっています。水引毬飾りを作ることが日々の基礎練習にもなるのです。


成長しやすい学びの環境
ーーーーーーーーーーー
そして何かを習得する際『教材』と同じくらい重要なのが学ぶ『環境』です。

つまずいている点をすぐ・気軽に聞ける場、モチベーションの維持、励まし合える話の合う仲間の存在、あらゆる水引関連情報の入手、このありそうでなかなか無い学びの環境を、オンラインコミュニティ【水引ライナーLab】で実現しています。

Spheringというのは、球体(sphere)という意味とこのコミュニティの輪の中で学んでいくという意味も含めて名付けた造語なのです。

年々、変化が激しくなり加速していく世の中、学び方というのも変わってきています。

月に何回かしかない講座にのんびり通ってる時間や期間が惜しい方にはもってこいの、最短(といっても地道な練習は必要ですが)で、場所を選ばず、効率よく、そして長く広く学び続けられる『教材』であり『学びの場(コミュニティ)』でもあります。

誰よりも近い位置で、何度でも、見たい部分だけを、場所を選ばず見れる手元動画、疑問に思ったその時に聞ける場、学びの仲間のレベル・センス、どれをとっても、むしろオンラインがこれから優位になってくると感じています。


リアルな交流の場
ーーーーーーーー
それでも実際に顔を合わせて集まる場というのも設けていて、毬作りを中心に、様々な情報交換の場、親睦の場として、月1回程度、都内で『まるくなる会』というのを任意参加で開催しています。(2020/4追記:集会自粛により、まるくなる会に代わるFacebookグループ【Spheringオンライン】で活動中)

作るのは基本『毬』だけなんですが、毬を中心に派生して毎回学びがあり、マニアックな話が飛び交い、新たな方法が編み出されたり、今後もどう進展していくのかが楽しみなサークルのような集まりになってきています。



あえて〇〇コースというような、先生が決まったことを教えるだけの講座にはしていません。この教材を作るにあたり、5年目の私自身もいまだに新たな発見や気づきがたくさんありましたし、Labメンバーさんからのアイデアも実は採用させていただいたりしています。

普遍的でありながらも、少しずつ形を変えこれからもSpheringは進化し続けるでしょう。


あなたもSpheringに加わりませんか?
いつでもご参加をお待ちしております。


目的や作るものは違えども
ひろく水引を扱う方々の糧となり、水引進化発展の一助となることを願って‥


ーーーーーーーーーーーーーーー

●水引毬飾り大全以外に必要な【設備・費用】一覧

【設備】
・ウェブブラウザ完備のスマートフォン、パソコンなど

・展開図PDFデータがプリントできる機器
・動画がメインになる為、Wi-Fiなどの通信環境をオススメします
(水引ライナーLabの参加にはFacebookアカウント登録が必要です/無料)

【費用】
・通信量がかかります
・プリント代等
・水引や道具類は自身でご用意ください
【任意費用】
・まるくなる会への参加費
 通常3000円・毬遣いさん1000円・主催者さん0円
(認定もまるくなる会の中で行います/認定料等は別途ありません)
・遠方の方用 アトリエ判定料
 2000円+送料(課題作品返却希望の場合は返送料も)

ーーーーーーーーーーーーーーー
※水引毬飾り大全は『水引ライナー公式サイト』メニューよりアクセスし、ご購入後のメールでお届けする[パスワード]を入力すると、無期限でいつでもご覧いただけるようになります。
※水引ライナーLabのみのご入会も可能です

https://shop.micono.link/items/25162270
※先行価格は予告なく終了します。

¥ 49,00030%OFF ¥ 34,300

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は1点までのご注文とさせていただきます。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料無料

    全国一律 0円
通報する

ショップの評価